voiceware

株式会社voiceware 社長Blog

株式会社voiceware CEO田村のブログです。 会社のこと、技術のこと、日々のこと等、雑多に更新していきます。

25 Aug

ラジオ出演してきました!

TBSラジオ『AI時代のラジオ 好奇心プラス』に出演しましたー!!!

電話出演で時間も5分間と短かったのですが、とても楽しく話すことができました!
やはり、ラジオパーソナリティの方々はめちゃくちゃ聞き上手で、話を広げるのが上手いですね。
FROGMANさん、伊藤アナウンサーには本当に感謝です。

ラジオの様子はTBSラジオのホームページで聞けるので、興味がある方はゼヒゼヒ聞いてみてください!
41分頃から出演しています!
https://www.tbsradio.jp/286937


初ラジオ出演だったので、5分とはいえ緊張しましたが、出演が終わってみると、「もっと話したかったなー」と思います。
話し足りないことでいっぱいです(笑)

というわけで、ラジオで話せなかったことを書きます。

【声質変換技術で何ができるのか?】
ラジオで話したこと以外にもこんなことが可能になります。
・カラオケの声をアーティストの声にする。
・VR空間で好きなキャラクターの声になりきる。
・VTuberとして、音声を変えて配信する。
・LINEのようなメッセンジャーアプリで本人の声でメッセージ再生する。
・世代交代前の声優さんの声でアニメを楽しむ。
・声を失くした方の本来の声を取り戻す。

他にも、声質変換技術の可能性はもっとありますし、どんどん増えてくると思います。

声質変換についてもっと知りたいという方は、こちらをご覧ください。


出演してみて感じることは、やはり早くサービスを提供したい!!ということです。
当社の技術とラジオは相性も良いはずなので、次に出演の機会をいただく時には、サービスの紹介をできるようにします!


株式会社voiceware
代表取締役社長 田村一起
http://voiceware.co.jp
16 Aug

これからの主流はバーチャル女子アナになる!?

以前、ブログでAIアナウンサーが誕生したという話題について書きました。
http://voiceware.blog.jp/archives/8049342.html


バーチャル女子アナという名前で一般向けにサービスも提供されだしたみたいですね。

参考:
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1708/03/news108.html


音声合成特有の機械音っぽい感じはありますが、原稿さえあれば誰でもニュース動画を作れるようになりますね!
YouTuber等のインフルエンサーもそうですが、これからはやはり個人が情報発信していく時代になってくるということでしょう。
最近は、ツールも豊富で便利になっているので、よりその傾向が加速している気がします。

今後は、コンテンツ(キャラクターのパターン)も充実してくると思いますし、音声合成特有の機械音も改善されていくことでしょう。

新しいサービスはどんどん誕生していくので、我々も産み出していくようにしなければ!と特に最近は強く思います。


一緒に音声技術の未来を創っていく仲間は、随時募集しているので、興味がある方はお気軽に声を掛けていただければと思います!!


株式会社voiceware
代表取締役社長 田村一起
http://voiceware.co.jp   
8 Aug

流行りのVTuber!手軽に始めるには!?

VTuberをご存知でしょうか?

バーチャルYouTuberの略語で、YouTuberやクリエイターに代わって動画に登場するキャラクターのことです。
2017年からキズナアイさんがVTuberとして活動を始め、今年に入ってからイッキに広まっています。
キズナアイさんは、チャンネル登録者数は200万にものぼります。

現在では、なんと4000人以上のVTuberが存在しているそうです!
その背景には、ツールが充実してきて、手軽に始められるようになってきたことがあるかと思います。

先日、そんなツールのひとつであるFaceVTuberの開発者の藏内さんの講演に参加してきました。
VTuberの現状が体系的にまとめられていて、非常に分かり易い内容でした。

以前はVTuberになるのも、かなりハードルが高かったそうですが、
現在は、様々なアプリが用意されており、比較的簡単に始められるそうです。

FaceVTuberもブラウザだけで動くし、無料で使えるので非常に扱いやすいと思います。


手軽になる一方、それと同時に、今後のVTuberの課題も見えてきました。
VTuberを目指す方々は、より可愛くなりたいという願望があるようですね。
現在は、ビジュアル的な部分をリッチにしていくことを焦点に当てたツールが多いですが、音声はなかなか実現できていないようですね。

音声認識+音声合成、あるいは、ピッチや音の高さを変えて男声・女声に変える従来型の音声変換に頼っているのが現状のようです。

そこで、声質変換技術を利用できると凄くニーズがありそうですね!
視覚に比べるとインパクトは小さいかもしれませんが、将来的には絶対必要になってくるはずです!

声質変換の可能性がまた1つ広がりそうで楽しみです!!


株式会社voiceware
代表取締役社長 田村一起
http://voiceware.co.jp   
ギャラリー
  • voiceware設立から1年を振り返って
  • 会社紹介パンフレット!
  • 音声は未来のインターフェースとなるか!?
  • 声質変換ってなにもの??