voiceware

株式会社voiceware 社長Blog

株式会社voiceware CEO田村のブログです。 会社のこと、技術のこと、日々のこと等、雑多に更新していきます。

7 Oct

好きな声で本を読んでもらえるようになる!

皆さんは、オーディオブックを利用したことがあるでしょうか?

ナレーターや声優が読み上げた本を「聴く」ことができ、読む必要が無くなるというモノなのですが、
Writoneというサービスがリリースされて、少し楽しみ方も変わりそうです。

https://jp.techcrunch.com/2018/10/02/writone/


「好きな声優が読み上げているのなら聴いてみよう」なんてニーズも産まれそうですね!

作家さんとしても、「この本はこの人に読んでもらいたい!」という想いはあるはずなので、とても面白いサービスだと思います。
声優さんとしても、新しい収入源になるので、まさに、Win-Win-Winですね!


当社の声質変換技術とも相性が良さそうで、組み合わせるともっと楽しみ方も増えそうに思います。

話し方の表現はこの人が良いけど、声質はこの人が良い、なんて選び方ができるかもしれません。

我々のビジョンは、「声を自由にデザインできるようにする!」ですが、
発する側だけではなく、聴く側が、「声を自由に選ぶようになる」と声の多様性もさらに広がっていきそうで楽しみです!


株式会社voiceware
代表取締役社長 田村一起
http://voiceware.co.jp
26 Sep

音声アシスタントはどこまで生活に溶け込む??

Googleが自動車連合と提携したり、Alexa対応の電子レンジが登場したりと、音声アシスタント搭載の製品が徐々に普及してきているようです。
ゆくゆくは、全ての電化製品に音声アシスタントが搭載される日も、そう遠くはなさそうですね。

参考:
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/54161
https://techwave.jp/archives/not-only-echoshow-but-also-microwave-and-more-in-amazoncom.html


音声事業に関わる身としては、音声インターフェースが一般に広がっていくことは、非常に楽しみです!

現在でも、通話等のスマートフォンの操作はハンズフリーで行えるようになってきました。
音声インターフェースが普及するにつれて、手を使って操作をするという事自体がなくなるかもしれませんね。

さらに、音声で操作するだけでなく、デバイスとコミュニケーションを取れるようになることも必要になってくると思います。
SF映画に出てくるように、自動車や電子レンジと会話をする未来もすぐに来るかもしれません。

「Google、今日はどこへ行こうか?」
「ドライブにぴったりの道を教えて」
「今日の献立は何にしよう?」
などなど。

AIはどこまで人の代替となれるのでしょうか。


株式会社voiceware
代表取締役社長 田村一起
http://voiceware.co.jp
16 Sep

失った声を復活させられることが可能に。

AIで声を失ったラジオ記者の声を復活させるという事があるそうです。
ラジオ記者のように、音源が大量に残っている場合は、すでに実現が可能なようですね。

https://www.bbc.com/japanese/features-and-analysis-44492095


自分の声で発信することは非常に重要なことなのですね。
特に、音声がインターフェースとして注目されている昨今は、さらに声のニーズも高まっていると感じます。


当社の声質変換技術も音声合成技術と組み合わせることで、失った声を取り戻すことも可能になります。

さらに、当社の技術では音声のサンプル数を
もっと少なくすることが可能です。
30秒程度の音声が残っていれば、再現できるので、ラジオ記者のような方でなくとも、普通の方でも声を取り戻すことも可能になります。

もちろん、研究段階の技術なので、品質はまだまだですが、将来的には本来の声にかなり近い声や話し方も再現できるようになるはずです。

これは声帯摘出された方にとっては、かなり希望になるんじゃないでしょうか。
声質変換は、医療分野でも活躍する場がありそうですね。


株式会社voiceware

代表取締役社長 田村一起
http://voiceware.co.jp
ギャラリー
  • 大学で講演をしてきました!
  • voiceware設立から1年を振り返って
  • 会社紹介パンフレット!
  • 音声は未来のインターフェースとなるか!?
  • 声質変換ってなにもの??