voiceware

株式会社voiceware 社長Blog

株式会社voiceware CEO田村のブログです。 会社のこと、技術のこと、日々のこと等、雑多に更新していきます。

April 2018

30 Apr

AI・業務自動化展に出展します!

5月9日~11日にかけて、東京ビッグサイトにてAI・業務自動化展が開催されます。
3日間で10万人近くが来場する大イベントです。


なんと!!
株式会社GAUSSさんのご厚意により、voicewareも出展することになりました!



共同出展という形なので、GAUSSさんのブースをお借りすることになります。

日程の都合で、10日しか参加できないので、その点が非常に悔やまれますが、
このような機会を頂けてめちゃくちゃありがたいです。

普通に出展すると、数十万~数百万というお金がかかるところです。
本当に感謝しかありません。

前回の記事にも書きましたが、改めて周りの人に恵まれているなと思います。


AI・業務自動化展は、事前申し込みしていれば、無料で参加できるので、もし予定が合う人は是非遊びに来てください!


ところで、業務自動化と我が社の技術は全く関係ないですが、問題ないのか?(笑)


株式会社voiceware
代表取締役社長 田村一起
http://voiceware.co.jp
29 Apr

運は引き寄せるもの

はっきり言って、僕は運が良いと思います。

ギャンプル運こそからっきしですが、仕事に関する運はかなり良いと思います。
(ギャンブルは確率論なことが多いので、どれだけ勉強するかではありますが)

本当にピンチの時や、ここぞというチャンスの時には、上手くいくことが多いです。

協力者が現れたり、状況が急に好転したり。

今、CEOとして起業できているのも、まさに運だと思います。

何も特別なスキルをもっていない僕が起業できたのは、
中鹿亘助教、岩田慎太郎氏という2人の天才と出逢えたおかげです。


ただし、
運が良いと言っても、何もしていないのに、突然、幸運が降りかかってきたわけではありません。

趣味や休暇を犠牲にして、勉強会に参加したり、人脈作りに行ったり、仕事をしたり。
そのために時間もお金も投資してきました。

土日やアフター5でただ遊んでだけいる人よりは、ずっと努力をしているという自負もあります。

今でこそ、それが当たり前になりましたが、以前は気分が乗らない時もありました。

それでも継続してきたからこそ、今があります。

何もしていなければ、起業というチャンスは絶対に巡ってこなかったと思います。


だからこそ、
運は引き寄せるもの
と考えています。


株式会社voiceware
代表取締役社長 田村一起
http://voiceware.co.jp
24 Apr

自分の声のボーカロイドが作れるように!

以前から注目していたコエステーション。
ついにアプリ版が公開されたようです。

簡単に言うと、自分の声で音声合成ができるようになるアプリなのですが、なかなかのクオリティでした。

参考:
https://robotstart.info/2018/04/17/coestation.html 


私も早速使ってみましたが、レベル2までやってみると、「あ、自分の声だな」という印象でした。

今までは、何時間という収録時間、数カ月かかるという音声モデルの作成がここまで短時間で利用できるようになったのは、本当に凄いと思いました。

とはいえ、レベル2でも録音には30分かかりましたね。
音声モデルの作成も、現在は、数十分でできましたが、ユーザー数が多くなると、数日かかることもあるようです。

我々の目標は、さらに時間を短縮して、より手軽に音声モデルを利用できるようにすることです!

アプローチは全く異なりますが、同じように自分の声をモデル化するということを、東芝さんも取り組んでいるということで、改めてニーズがある分野なのだと確信しました。

音声技術の未来が楽しみです!


株式会社voiceware
代表取締役社長 田村一起
http://voiceware.co.jp 
21 Apr

人混みの中でも特定の人の声だけを聴くことができるようになる

カクテルパーティー効果ってご存知でしょうか?

例えば飲み会やパーティー等、周りがガヤガヤと賑やかな状態でも、会話をしている相手の声は聞こえますし、遠くからでも自分の名前を呼ばれたらすぐに気付くっていうあれですね。

人間の脳って本当に優秀だと思います。

さて、そんなカクテルパーティー効果を、ディープラーニングによって再現できるそうです。

参考:
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1804/16/news060.html


こちらの記事で紹介されている技術は映像が重要だそうです。
映像を基に、誰が話しているか特定し、その人の声だけを抽出するということをやっているようです。

これも凄い技術だなと思いますし、活用の幅も広そうですね。


このカクテルパーティー効果ですが、
我が社の技術を応用すれば、映像なしでも再現できる可能性もあります。
声から話者を特定することができれば、その人の話している声だけを抽出することもできるはず。

そうすると、本当に人間の耳と脳で勝手にやっていることが、機械にもできるようになるかもしれません。

音声分野は、まだまだAI技術の活用の可能性が大きくて楽しみですね!


株式会社voiceware
代表取締役社長 田村一起
http://voiceware.co.jp 
18 Apr

大人気なバーチャルYouTuber

1年ほど前からどんどん注目度の上がっているバーチャルYouTuberですが、事業としても本格的に参入する会社が出てきそうです。

参考:
https://jp.techcrunch.com/2018/04/17/gree-vtuberfund/


バーチャルYouTuberのことをVTuberというそうです。
キズナアイなんかは、チャンネル登録数も170万と超大人気ですが、2017年はかなりのVTuberが誕生しました。
これからは更にいろいろな個性のあるVTuberが増えてきそうですね。


我が社の声質変換技術もVTuberとはかなり相性良いと思います。
本人の声以外でも喋れるようになると、もっと可能性は広がるんじゃないでしょうか。

品質とリアルタイム性を高めて、いずれはVTuber事業にも参入していくつもりですので、楽しみにしていてください!


株式会社voiceware
代表取締役社長 田村一起
http://voiceware.co.jp 
ギャラリー
  • voiceware設立から1年を振り返って
  • 会社紹介パンフレット!
  • 音声は未来のインターフェースとなるか!?
  • 声質変換ってなにもの??