今回は、voicewareを立ち上げるきっかけともなった、声質変換技術についてお話したいと思います。

あまり馴染みのない方も多いかもしれませんが、要は音声変換のことです。
超高性能なボイスチェンジャーをイメージして頂けると良いかもしれません。

よくあるボイスチェンジャーは、声のトーンやピッチを変えることで、男性の声や女性の声を表現しています。
それに対して、声質変換は、人の発する音声から話者性のみを取り出し、別の人の話者性を適用することで、あたかも別の人が話しているようにする技術です。
「声」の「質」を他者に変換するので、声質変換と呼ばれています。

voice_conversion

詳しく知りたい方は、弊社CTO中鹿助教のスライドをご覧ください。



さて、技術が凄いのはわかった。けど何に使えるの?
と、思いますよね。

例えば、
  • 映画の吹き替えをオリジナルの俳優そのままの声で聞く
  • コミュニケーションロボット、スマートスピーカーの話す音声を家族や好きなキャラクターの声にできる
  • あのアニメの蝶ネクタイ型変声機を作る
  • 声帯手術等で声を失った方が、元々の自分の声で話すことができるようになる
  • コスプレイヤーの方が、声までキャラクターになりきる
  • カラオケでオリジナルの歌手そっくりの声で歌う
などなど、、、
挙げればキリがありません。


もし他に「こんなことに使える!」というご意見があれば、ぜひぜひコメント頂ければと思います! 

株式会社voiceware
代表取締役社長 田村一起
http://voiceware.co.jp