株式会社voiceware 社長Blog

株式会社voiceware CEO田村のブログです。 会社のこと、技術のこと、日々のこと等、雑多に更新していきます。

カテゴリ: 日記

2019年も早くも半分が終わりましたね。
振り返ってみると、すごく中身の濃い半年間だったなと思います。


さて、7月から株式会社voicewareも3年目に突入しました!

この1年で売上も大きく伸び、また共に働く仲間も増えました。
他のスタートアップと比較するとかなりゆっくりではありますが、順調に進んでいると思います。
でも、想い描いた実績には遠く及ばないので、まだまだ努力あるのみです!


起業して2年と考えると、「もうそんなに経つのか〜」という感じです。
2年前と比較すると、私自身もかなり成長したんじゃないでしょうか?
初めてのアポでめちゃくちゃ緊張していたことが懐かしいです(笑)

最初の1年は、とにかく手探りな状態でしたね。
いろんな人にデモをしながら、意見をいただく日々でした。
元々は声質変換技術を世の中に出したくて立ち上げた会社でしたが、世間に受け入れられるためには、まずはクオリティを上げることが必要だと気付かされました。
この辺は見切り発車で会社を立ち上げてしまった反省点ですね。。。

2年目に入って、音声AI関連の受託開発・研究の仕事を取れるようになり、売上的には安定してきました。
採用活動にはかなり力を入れていましたが、音声研究者は母数も少ないので、なかなか良い人材が見つからずやきもきしていましたね。
その甲斐もあって、優秀な研究者とも出逢え、研究もかなり進んできました。
そして、ようやくプロダクト開発にも着手できました。
このプロダクトによって社会がどう変わっていくのかを考えると、今からワクワクしてきます!
皆さんも是非、楽しみにしていてください!


結果的に、この2年間は、voicewareにとって準備期間となってしまいましたが、これからは本気で仕掛けていきます!!


株式会社voiceware
代表取締役社長 田村一起
http://voiceware.co.jp/ 

3月5日~7日に電気通信大学で開催されていた、日本音響学会に参加してきました。


学会というものに参加するのは、大学生以来なので、8年振りくらいでしょうか。

社会人になってからは、全く参加する機会がなかったので新鮮でしたね。


学会というと馴染みのない方も多いかと思いますが、大学や企業の研究者がテーマに沿って発表を行い、それを聴講するというスタイルです。

正直、技術的な部分はさっぱり理解できなかったのですが、最新技術のトレンドもわかるし、最先端のレベルも知れる、「こんなこともやってるの?」という発見もあり、非常に興味深かったですね。


何よりも、音声界隈の研究者の方と繋がりがもてたのが一番の収穫でした。

お話させていただいた方は、皆さん、こういう世界を実現したいという想いやプランがあり、未来についてワクワクするような話できる楽しい時間でした。



大学生の時は、自分の発表のためだけに学会に参加していて、自分の出番以外にはあまり興味がもてなかったのですが、興味のある分野、事業に関わる分野だと、こんなにも自らの姿勢が変わるのが驚きでした。

研究者の方が、いろんな学会に参加したいと言っている理由がわかりましたね。


これからは、積極的にそういった場にも参加して、最新研究の動向に触れるようにしていきます!


株式会社voiceware
代表取締役社長 田村一起
http://voiceware.co.jp    

かなり久々の更新になってしまいました。。
2月後半はバタバタしていたこともあり、なかなかブログに手がつけられず。
1週間に1回は何かしらの更新をしていけるようにしたいですね。


さて、先日、電気通信大学のICTワークショップというイベントにて登壇してきました。
https://www.uec.ac.jp/news/event/2019/20190218_1614.html

大学発ベンチャーの代表ということでお声掛けいただけたのかと思います。
講演タイトルは、声質変換技術が創る音声の未来とは」とし、声質変換技術の紹介や、今後の可能性についてお話させていただきました。

普段、登壇の機会をいただく際は、若手中心のイベントが多いのですが、
今回は、大学内のイベントということで、参加者の皆様もご年配の方が多く、70代の方もいらっしゃいました。
学生の方もいたのですが、2, 3人でしたね。

大学の空気感なのか、年代なのか、リアクションもなかなかに薄かったですね。
それだけ、皆さん凄く真剣に聞いてくださっていたということでしょう。
いつも、どれだけ話しやすい空気感で登壇させてもらっているのか実感しましたね。

とはいえ、それも想定内。
上手くいったときも、スベったときもシミュレーションしておくのは大事ですよ。
状況に応じて焦らず対処できますので。


それでも、質疑の際は非常に活発な意見交換をさせていただきました。
声質変換技術は年代問わず興味を惹かれる技術なのだと、改めて確信しました!
応援の声もいただき、更に実現に向けて頑張らなきゃなと思っています!


今回、とても貴重な機会をいただいた大学の方々には大感謝です。
また、いろんな場で、声質変換技術について紹介できればと思いますので、
講演の依頼等ありましたら、お気軽にお問い合わせくださいませ。

IMG_1104


株式会社voiceware
代表取締役社長 田村一起
http://voiceware.co.jp   

今年も本ブログ共々、お世話になりました。
普段はあまり新年だからといった事は意識しないのですが、久々にゆっくりできる時間が取れたので、1年感を振り返ってみました。


1年前と比べると、音声分野を取り巻く環境は大きく変わってきました。
スマートスピーカーの普及と共に音声ユーザーインターフェース(VUI)もかなり注目されるようになってきています。
これからの1年間はさらに加速度的に変化していくのだと思います。
そんな状況もあってか、voicewareとしても声質変換以外にも音声関連のいろんな仕事をいただくようになりました。
ご相談をいただく分野は、音声認識、音声合成、感情分析、声質分析等様々です。
音声×AIを扱えることは、改めて、当社の強みだと思うようになりました。

voicewareとしては、2期目に突入し、取引先も増えましたし、一緒に仕事をする仲間も増えました。
1年前は声質変換技術の研究・開発しかしておらず、売上げを出せるようになるのは、もう1、2年先になるだろうと想定していたので、大きな変化といえます。
売上げも堅調に伸びており、協力いただいている仲間には本当に感謝です。

私自身も1年前は経営者として全く未熟でしたが、この1年で本当にいろんなことを経験させてもらいました。
voiceware代表として、メディアに出演する機会やイベントで登壇する機会もいただきました。
改めて振り返ると、濃い1年間だったなぁと思います。
私もvoicewareも、まだまだ発展途上ではありますが、確実に進歩していると実感しています。

今はまだ研究が中心ですが、来年中には、何らかの形でサービスを社会に出していくことが目標です!
そのためにも、これまで以上に様々な事に挑戦していきます!

来年もvoicewareをよろしくお願いします!!


株式会社voiceware
代表取締役社長 田村一起
http://voiceware.co.jp  

10/24に株式会社ZEALSさん主催のVOT MEETUP!にて登壇してきました!
イベントレポートはこちら

VOTは、チャットボット/VUI (Voice User Interface) をテーマにしたコミュニティで、月に1度勉強会が開催されています。

当社も音声技術の会社ということで、お声掛けいただきました。
実は、セッション形式の場で登壇させていただくのは初めてのことだったので、このような機会をいただけたことに感謝ですね。
私自身、とても楽しい時間を過ごすことができました!


テーマが、「UX(User Experience)」だったので、まだプロダウトがない当社がちゃんと期待する話を提供できるか不安でしたが、質疑応答でもたくさんの質問をいただき、興味をもってもらえたようで非常に良かったです!
自社の話ばっかりになってしまって、一般的な話や最新の市場の動向についてお話できなかったのはちょっと反省。。
もっと多くの方が前進できるような話をできるようにならなければ!!

ただ、声質変換技術には、皆さん物凄く興味をもっていただいたようで、改めてこの技術の可能性について確信しました。
また機会があれば、デモもお見せできたらなと思います。


音声技術は、特にここ最近は進歩が目まぐるしく、1年前と比べても全く状況が変わっています。
音声認識、音声合成のレベルはもはや人間を超えそうな勢いです。
感情分析や、話者識別等の分野もビジネス化されつつあります。

この変化の早い業界の中で、しっかりと存在感を出していくためにも、
私自身、もっと様々な場で、技術のこと、会社のことをアウトプットしていきます!!


株式会社voiceware
代表取締役社長 田村一起
http://voiceware.co.jp 

このページのトップヘ