2019年も早くも半分が終わりましたね。
振り返ってみると、すごく中身の濃い半年間だったなと思います。


さて、7月から株式会社voicewareも3年目に突入しました!

この1年で売上も大きく伸び、また共に働く仲間も増えました。
他のスタートアップと比較するとかなりゆっくりではありますが、順調に進んでいると思います。
でも、想い描いた実績には遠く及ばないので、まだまだ努力あるのみです!


起業して2年と考えると、「もうそんなに経つのか〜」という感じです。
2年前と比較すると、私自身もかなり成長したんじゃないでしょうか?
初めてのアポでめちゃくちゃ緊張していたことが懐かしいです(笑)

最初の1年は、とにかく手探りな状態でしたね。
いろんな人にデモをしながら、意見をいただく日々でした。
元々は声質変換技術を世の中に出したくて立ち上げた会社でしたが、世間に受け入れられるためには、まずはクオリティを上げることが必要だと気付かされました。
この辺は見切り発車で会社を立ち上げてしまった反省点ですね。。。

2年目に入って、音声AI関連の受託開発・研究の仕事を取れるようになり、売上的には安定してきました。
採用活動にはかなり力を入れていましたが、音声研究者は母数も少ないので、なかなか良い人材が見つからずやきもきしていましたね。
その甲斐もあって、優秀な研究者とも出逢え、研究もかなり進んできました。
そして、ようやくプロダクト開発にも着手できました。
このプロダクトによって社会がどう変わっていくのかを考えると、今からワクワクしてきます!
皆さんも是非、楽しみにしていてください!


結果的に、この2年間は、voicewareにとって準備期間となってしまいましたが、これからは本気で仕掛けていきます!!


株式会社voiceware
代表取締役社長 田村一起
http://voiceware.co.jp/