株式会社voiceware 社長Blog

株式会社voiceware CEO田村のブログです。 会社のこと、技術のこと、日々のこと等、雑多に更新していきます。

タグ:人工知能

先日、AI・人工知能EXPOに参加し、ショートセミナーもさせていただきました!
貴重な機会をいただいたGAUSSさんには大感謝です!

会場も凄い盛り上がりで、朝から大行列でした。
AIへの注目度が上がっているということでしょうね。

セミナーでは、音声のAI活用や、声質変換についてお話させていただきました。
このような大盛況な場で登壇できて、私自身、とても勉強になりましたし、楽しい時間でした。
少しでも音声×AIに興味をもっていただければ幸いです。

↓セミナーの様子はこちら。


 IMG_1149IMG_1154



さて、AI・人工知能EXPOでも音声関連の技術が多く出展されていましたが、最近の音声技術の進歩は著しいです。
特に音声合成が素晴らしいですね!

以前にブログでも紹介した Google Duplex ですが、アメリカでは電話代行として利用可能になっているそうです。
電話予約だと先方の営業時間を考慮する必要がありますが、自動で予約してくれるのであれば時間を考えなくて良いのでとても便利ですね!
日本語対応が待ち遠しいです!
https://www.gizmodo.jp/2019/04/google-duplex-iphone.html


また、 WellSaid という Duplexを超えるような精度の音声合成技術もでてきているそうです。
もはや人間が話しているか、機械が話しているかわかりませんね!
https://jp.techcrunch.com/2019/03/09/2019-03-07-wellsaid-aims-to-make-natural-sounding-synthetic-speech-a-credible-alternative-to-real-humans/


音声技術の発達によって、ますます便利な世の中になっているのを実感します。
我々の技術も1日も早く提供できるように日々研究・開発中していきます!


株式会社voiceware
代表取締役社長 田村一起
http://voiceware.co.jp

2019年、一発目の投稿となります。
本年もどうぞよろしくお願い致します!


さて、近年はテクノロジーに犯罪対策は付きものとなっています。
音声分野も例外ではなく、自動音声を利用した詐欺なんかも発生しているようです。

参考:
https://jp.techcrunch.com/2019/01/05/2019-01-04-new-apple-voice-phishing-scam-looks-just-like-a-real-support-call/


声質変換技術の説明をした際に、一番良く言われることは、
「オレオレ詐欺が蔓延りそう」です。

ちなみに、2018年の振り込め詐欺(いわゆるオレオレ詐欺以外も含む)の被害件数は、なんと13,000件にのぼるそうです。
被害額だと、286億円。
認知件数だけでこの数字なので、気付かれていないものも含めると、その数倍になりそうですね。
改めて、凄い数字だと思います。

参考:
https://www.npa.go.jp/safetylife/seianki31/higaijoukyou.html


たしかに、声質変換技術で声色を真似することができるようになると、簡単に息子や娘の真似ができるようになるかもしれません。
ただ、オレオレ詐欺に利用するためには、本人の声データを取得する必要があります。
ここからは個人的な見解ですが、数打ちゃ当たる戦法のオレオレ詐欺には、声質変換は向かないと思います。
現状の技術レベルでは、不自然さが増しますし、声を変える手間も増えます。技術レベルが向上したとしても、せいぜい今までのボイスチェンジャーより自然に声が変えられるという程度ででしょうか。

逆に、声質変換の基となる音声技術を利用して、オレオレ詐欺を見破ることに利用できるかもしれません。
特有の喋り方、抑揚の付け方、声色の使い方等で詐欺を検知できるようになると、被害撲滅につながるのではないでしょうか。


声質変換で気をつけるべきは、イタズラ等に利用されることかと思います。
海外で、声質変換技術を利用してオバマ大統領が話しているかのような動画が制作されていました。
このように、本人が知らないところで好き勝手に声を利用されてフェイクニュースが増えるかもしれません。

当社としても、もちろん対策は考えています。
GoogleのDuplexでも、あまりに自然なので、「人工知能と名乗らせろ」という声が挙がりましたが、声質変換も同様に、変換された声であることがわかるような仕組みは検討中です。


どんなテクノロジーでも同じですが、ある程度は使う側の良心に依存してしまうものかなと思います。
包丁も同じで、使う人によっては凶器となり得ます。
もちろん提供する側として最大限の対策はしますが、テクノロジーが正しく利用される世の中であって欲しいものです。


株式会社voiceware
代表取締役社長 田村一起
http://voiceware.co.jp  

久々の更新になってしまいました。
年末は飲み会も多く、バタバタと過ごしていますが、新しい出逢いもたくさんあり、とても刺激的な毎日を過ごせています。
新しくビジネスに繋がりそうな方とも知り合えたので、今後が楽しみです!
いろいろな出逢いの機会をくださってた方々には、感謝ですね!!


さて、近年では音声技術もかなり注目されるようになってきており、その進歩もめざましいものがあります。
最近のニュースで個人的に衝撃的だったのは、歌声合成ですね!

参考:
http://ainow.ai/2018/12/14/158579/

もはや機械とは思えないクオリティ!
何も言われなければ、人が歌っていると勘違いしてしまいそうです。
以前にも紹介しましたが、GoogleのDuplexに代表されるようにもちろん歌声以外も人とほとんど区別がつきません。

参考:
https://wired.jp/2018/11/05/google-duplex-pixel-smartphone/


こうなってくると、「歌手や声優・ナレーターは仕事がなくなるのではないか?」という意見もありますが、個人的にはまだ数十年は先かなと思っています。
やはり生の人の声には、数値では測れないようなパワーのようなものがあると感じます。
雑談しかしていないのに何故かこの人と話すと元気なる、というような人っていますよね?
その辺りも解明できると面白そうではあります。

とはいえ、歌手や声優の働き方が変わってくるのは事実だと思います。
本当に表現力・スキルのある人以外は淘汰されるかもしれませんね。
その一方で、声色そのものに魅力がある方だと、声だけを売るなんてことも可能になってきます。
どの業界も同じだと思いますが、テクノロジーによって、デジタルもアナログも本当に良いものに洗練されていくのでしょうね。

当社の技術もそんな未来に貢献できるように、日々磨いていきます!!


株式会社voiceware
代表取締役社長 田村一起
http://voiceware.co.jp  

以前、ブログでAIアナウンサーが誕生したという話題について書きました。
http://voiceware.blog.jp/archives/8049342.html


バーチャル女子アナという名前で一般向けにサービスも提供されだしたみたいですね。

参考:
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1708/03/news108.html


音声合成特有の機械音っぽい感じはありますが、原稿さえあれば誰でもニュース動画を作れるようになりますね!
YouTuber等のインフルエンサーもそうですが、これからはやはり個人が情報発信していく時代になってくるということでしょう。
最近は、ツールも豊富で便利になっているので、よりその傾向が加速している気がします。

今後は、コンテンツ(キャラクターのパターン)も充実してくると思いますし、音声合成特有の機械音も改善されていくことでしょう。

新しいサービスはどんどん誕生していくので、我々も産み出していくようにしなければ!と特に最近は強く思います。


一緒に音声技術の未来を創っていく仲間は、随時募集しているので、興味がある方はお気軽に声を掛けていただければと思います!!


株式会社voiceware
代表取締役社長 田村一起
http://voiceware.co.jp   

写真から年齢・性別を判定するサービスができたそうです。

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1806/29/news111.html

どのような利用シーンがあるのか、いまいちピンと来てはいませんが。
犯罪捜査等には使えたりするのでしょうか。

さて、人の声も年齢を重ねるごとに変わっていくものなので、同じような事は音声でも可能だと思います。

そう考えると、ずっと同じキャラクターを演じている声優さんは素晴らしいですね。
声が変わらないために相当な努力をしているのだと思います。


音声であれば、年齢・性別だけでなく、アクセントや発音の癖から出身地も当てられるかもしれません。
まさに超能力者の真似事もできるようになりますね(笑)


こういった新たな技術はどんどん出てくるので、如何に社会に役立つようにしていくのかが、我々企業にとって非常に大事です。
我が社の声質変換技術にとっても同じ事。
まずは、エンターテイメント的な使い道が想定されますが、
ゆくゆくは医療分野や各種産業にも利用できるようになると思います。
様々な使い道を考えるのも楽しみの一つです。


株式会社voiceware
代表取締役社長 田村一起
http://voiceware.co.jp  

このページのトップヘ