かなり久々の更新になってしまいました。。
2月後半はバタバタしていたこともあり、なかなかブログに手がつけられず。
1週間に1回は何かしらの更新をしていけるようにしたいですね。


さて、先日、電気通信大学のICTワークショップというイベントにて登壇してきました。
https://www.uec.ac.jp/news/event/2019/20190218_1614.html

大学発ベンチャーの代表ということでお声掛けいただけたのかと思います。
講演タイトルは、声質変換技術が創る音声の未来とは」とし、声質変換技術の紹介や、今後の可能性についてお話させていただきました。

普段、登壇の機会をいただく際は、若手中心のイベントが多いのですが、
今回は、大学内のイベントということで、参加者の皆様もご年配の方が多く、70代の方もいらっしゃいました。
学生の方もいたのですが、2, 3人でしたね。

大学の空気感なのか、年代なのか、リアクションもなかなかに薄かったですね。
それだけ、皆さん凄く真剣に聞いてくださっていたということでしょう。
いつも、どれだけ話しやすい空気感で登壇させてもらっているのか実感しましたね。

とはいえ、それも想定内。
上手くいったときも、スベったときもシミュレーションしておくのは大事ですよ。
状況に応じて焦らず対処できますので。


それでも、質疑の際は非常に活発な意見交換をさせていただきました。
声質変換技術は年代問わず興味を惹かれる技術なのだと、改めて確信しました!
応援の声もいただき、更に実現に向けて頑張らなきゃなと思っています!


今回、とても貴重な機会をいただいた大学の方々には大感謝です。
また、いろんな場で、声質変換技術について紹介できればと思いますので、
講演の依頼等ありましたら、お気軽にお問い合わせくださいませ。

IMG_1104


株式会社voiceware
代表取締役社長 田村一起
http://voiceware.co.jp